→とたおの楽天ROOMはこちら←

1歳半がハマる絵本ランキング!厳選6作品

1歳半がハマる絵本ランキングベスト5

こんにちは、2児のママとたおです。次男(1歳半)の絵本ブームがやってきました!備忘録としてよく読まされる好きな絵本をランキングしてみました。というアレで、今回は「1歳半(の息子)がハマる絵本ランキング!」というブログです。どうぞ~

本が好きな兄弟

我が家にはヤンチャな2人(5歳、1歳半)の息子がいます。いつもは暴れてふざけている兄弟ですが、寝る前は大人しく(?)本を読んでくれます。本を読んでいる時は注意することも(破かないでねぐらいで)少なく平和な瞬間なので、ママもほっと一息つける大切な時間です。なによりも、かわいい!絵本を読んでもらっている1歳半ってすごくかわいい!こんなカワイイ瞬間を忘れてしまわないように、備忘録として息子の好きな絵本を羅列しておきたいと思います。

1歳半がハマる絵本ランキングスト5!

ランキングの基準は次男(1歳半)が「ままよんでー」と絵本を持ってくる頻度が多い順です

1位「だるまさんが」

なんでもマネしたがる1歳半の息子は「だるまさんが」大好きです。だるまさんが転んだら一緒に転ぶし、びろーんって伸びたら一緒に伸びます。一番かわいいのは「だるまさんと」(シリーズが3種類(が、の、と)あるよ)にでてくる「うーん」の時のマネ!うーーんって手をグーにして全力でいきんでいる姿は必見。何回も何回も読んでと持ってくるけど、かわいいから読んであげれちゃう。そんな素敵な絵本。

タイトル:だるまさんが

作:かがくい ひろし

出版社:ブロンズ新社

発行年月:2008年1月
オフィシャルサイト:http://darumasan.bronze.co.jp/

2位「おべんとうばこのうた」

わらべうたを絵本にした作品です。優しい絵が好きみたいで、ニコニコと指をさして「サクランボはこれだよー」とか「ふきはふーってやるんだよー」と教えてくれます。実際はまだお話できないので「あ、あ、ふー、ふー」と一生懸命伝えてくれる。歌わずに読み聞かせしようとすると、怒られます。そして、何回も何回も歌わされる…でも、そのたびに踊ってくれるので激カワ!長男(5歳)も一緒に歌ってくれるので、なんか幸せ!そんな、ほんわかな瞬間を味合わせてくれる絵本です。

タイトル:おべんとうばこのうた

構成・絵:さいとうしのぶ

出版社:ひさかたチャイルド

発行年月:2013年8月
オフィシャルサイト:https://www.hisakata.co.jp/book/detail.asp?b=025993

3位「はらぺこあおむし」

長男も大好きだった「はらぺこあおむし」さん!ハードカバーの絵本を買ったんだけど…2人に遊ばれすぎて…もうボロボロです。とにかく、穴に手を入れたくて、リンゴやチョコレートケーキをずっと指さして遊んでいます。最後に蝶々に羽化した後も本をパタパタとさせて楽しんでいました。2009年にポップアップブック(とびでる絵本)も発売されてて、それも買わせてました(長男3歳の時に勝手に本を持ってレジに並んでたから祖母が買ってくれた)これ、絵が飛び出してくるから次男も大興奮なんだけど…紙で出来ているから普段は隠してあります(やぶいちゃうからね)長年愛される不動の絵本です。

タイトル:はらぺこあおむし

作:エリック・カール 訳:もりひさし

出版社:偕成社

発行年月:1976年5月
オフィシャルサイト:https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784033280103

4位「ごはん」

美味しそうな絵!これは読むというより眺めています。長男が「せーの!」と声をかけて、それぞれ好きなご飯を指さす遊びをすることもあります。次男は食いしん坊なので、絵をつまんではパクパク、つまんではパクパクとずっと食べるジェスチャーをしてくれる(かわいい)おままごと遊びの時にはメニュー表になることも

絵本の中身をブログに載せるには許可が必要だから…見せられないんだけど「やきのりごはん」を作ってくれた時の写真です↑夜の読書タイムだけで無く、日中も活躍してくれる絵本です

タイトル:ごはん

作:平野 恵理子

出版社:福音館書店

発行年月:2015年4月
オフィシャルサイト:https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=1691

5位「まほうのえのぐ」

「まほうのえのぐ」は長男が4歳の時に買いました。この絵本のおかげか長男は絵の具ブームで大変だった。お話の内容も気に入って1年たってもずっと読んでいる作品です。これ、長男に読み聞かせしていると…必ず次男が横から奪っていきます。そして、特定のページだけを開いてずっと虫探しをはじめるのです。お話は読んでも聞いてくれなくて、とにかく絵本に隠れている小さなダンゴムシやカマキリを見つけて喜んでいます(取り出して手に乗せてくれとジェスチャーすることも)林明子さんの絵はどれも息子達の心を掴むようで、図書館で自由に選んでいいよーと言って持ってくる本の中でも選ばれる事が多いです。細かな描写が秀逸な絵本です。

タイトル:まほうのえのぐ

作:林 明子

出版社:福音館書店

発行年月:1997年8月
オフィシャルサイト:https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=616

おまけ「さとやまさん」

これは絵本ではなく写真に文が載せてある本です(なので絵本ランキングではなくおまけ)あまり自然な景色を見せてあげられてないから…という親心で買った本なのですが…思いのほか大ヒット!美しいものは子供にも伝わるのですね。繰り返されるリズムの良い感謝の言葉と春夏秋冬の写真から(ママにはわからない)色々なものを受取ってくれてるみたいです。「さとやまさん」も次男が大好きな虫が登場するので、よく読まされます(ママにはてんとう虫の魅力はわからないのに)写真の楽しみ方を教えてくれた大切な本です。

タイトル:さとやまさん

文:工藤直子 写真:今森光彦

出版社:アリス館

発行年月:2018年3月
オフィシャルサイト:http://www.alicekan.com/books/post_135.html

1歳半がハマる絵本ランキング

まだまだ魅力的な絵本がいっぱいあるし、ボロボロになって家に転がっている絵本がいっぱいあるから…紹介したい!いままさに次男は絵本ブームなので、お気に入りの絵本もどんどん増えているから…またブログ書きます…たぶん。絵本は子供と遊ぶのが苦手な私が唯一ちゃんと一緒の時をすごせるアイテムなので愛着が深いです。子育て苦手すぎて辛く感じてしまう日々もこのランキングの絵本達に助けられて今があります。本当に絵本さん、一緒に側にいてくれてありがとう!

shopping

created by Rinker
ブロンズ新社
¥2,805 (2022/06/30 19:22:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ひさかたチャイルド
¥1,100 (2022/06/30 20:09:36時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Kaiseisha/Tsai Fong Books
¥1,320 (2022/06/30 21:41:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,200 (2022/06/30 20:09:36時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
株式会社 福音館書店
¥1,540 (2022/06/29 22:20:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥990 (2022/06/30 20:09:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650 (2022/06/30 01:45:07時点 Amazon調べ-詳細)
とたお
とたお

今日もママさんがHAPPYでありますよーに!