息子の笑顔を研究するママの日常ブログ

ズボラ主婦でも失敗しない黒豆の作り方(ホットクックのレシピ)

ホットクックで黒豆を作ったので写真で作り方を紹介したブログ

こんにちは、ホットクックラバーとたおです。
今回はお節料理の定番、黒豆の作り方です!黒豆を煮つけるのに、以前は1日家に引きこもって、鍋で作っていました。しかし、ホットクックを買ってからはスイッチ1つでツヤツヤな黒豆の出来上がり♪甘さも調節できて、沢山作れるので、皆に配れます。お正月の手土産にも喜ばれるので、おすすめブログ書きます。どうぞ~

黒豆

ホットクックメニュー番号18「黒豆」

分量は公式レシピ通りです。ただし、水の分量は豆によって調整する(途中の砂糖追加する時に足す)ことをオススメします。

レシピ

ホットクックで作る黒豆の材料
材料4人分
黒豆(乾燥)280g
1L
砂糖180g (90gづつ使います)
しょうゆ大さじ2
小さじ1
重曹小さじ1/3

作り方

材料を内鍋に全て入れる(ただし、砂糖は半分の量!)
ホットクックに黒豆と材料を入れている

2袋分つくる場合は、単純に全て2倍の量で大丈夫でした。

一晩つけておく
ホットクックに黒豆と液を入れて一晩おく

内鍋をホットクック本体に入れ、蓋をして、放置!
(4~8時間ぐらいつけておけば、いいみたいよ。)

豆を確認
ホットクックに黒豆と液を入れて一晩おいた後

どれどれ?気持ち色が濃くなったかな、ふっくらしたような…。
見た目で判断は難しいかも。とりあえず、寝る前に仕込んで、朝起きてスイッチ押せば問題ないかと。

メニューを選択実行
ホットクックで黒豆を作っている

ホットクックを操作してNo.018の黒豆を選択する

途中で呼ばれます
ホットクックで黒豆を作っている途中

残り時間が1時間のとき(スタートから約2時間後)に、音が鳴って「食材を加えてください」って言ってきます。

ちなみに、私は初めて作った時、気が付かずに3時間ぐらい放置しましたが、大丈夫でした。

砂糖を用意する
砂糖を量りで量る

レシピの半分(今回は90g)の砂糖を用意します。
甘さ控えめにしたければ、ここで調節可能です。(レシピ通りでも優しい仕上がりなので、1度そのままの量で作ることをオススメします)

蓋をあけて砂糖を追加
ホットクックで黒豆を作り途中で砂糖を追加している

特にボタンとか押さずに、蓋を開けて砂糖をドバっと入れます。

砂糖をまぜる
シリコーンスプーンでホットクックの黒豆をまぜている

まぜまぜまぜ。

ホットクックラバーの味方「シリコーンスプーン」で混ぜています。画像は無印良品のですが、山崎実業(Yamazaki)さんからも発売されていると知って購入を検討中です。(すみません、余談でしたね。ただ、シリコンスプーン持って無い方は1度は使って欲しい、良品ですので。)

水の量を確認する
ホットクックで黒豆を作っている様子

もし、ここで水が少なかった場合は追加したほうがいいです。
(基本はそのままで大丈夫だけど、豆によっては少なくなることがありました。)
だいたい、豆が水につかっていればOK。

フタを閉めて、スイッチオン!
ホットクックで黒豆を作っている様子

蓋を閉めると、再加熱ができるようになるので、そのままスタートボタンを押します。

完成したら、そのまま放置する
ホットクックで黒豆を作り終わり休ませている所

ホットクックの稼働はトータル3時間ぐらいで完成します。
その後、そのまま放置(粗熱がとれるまで)すると、味が落ち着いてきます。

豆をタッパーに移していく
ホットクックで作った黒豆をタッパーに移している

このまま食べても美味しいですが、冷蔵庫に入れて、1日経ったぐらいが、私は好きなので、タッパーに移しています。

煮汁も入れて、冷蔵庫へ
ホットクックで作った黒豆をタッパーに移している

この時に煮汁を入れ忘れると、せっかくのツヤツヤ豆がしわしわ豆に変身してしまうので、注意です。(人にプレゼントするときも、このまま、あげてるよ!)

完成!
ホットクックで作った黒豆が入った手作りおせち

小鉢に入れて出すと、お正月ぽいです。

ホットクックで作った黒豆の感想

とっても美味しいです。レシピ通りに作っても、市販で売っている黒豆よりも優しい味に仕上がります。それでも、我が家では少し甘く感じたので、白砂糖ではなく、てんさい糖(砂糖の量はそのまま)で作っています。より優しい味の黒豆が完成して、気に入っています。
見た目もふっくらツヤツヤでキレイ!いままで、何度か作りましたが、ほぼ失敗したことないです。なによりも、温度調節や水の調整をこと細やかに気にしなくていいので、楽チンです。

まとめ

お正月のお呼ばれに「ホットクック黒豆」持参で、女子力アップ!

実際はスイッチひとつの簡単料理なのは内緒ですよ。

https://totamama.com/wp-content/uploads/2019/04/main02.png
とたお

今日もママさんが少しでもHAPPYでありますように